ナンピン買いとは持ち株が下落したときに追加購入をして平均取得価格を下げることを言います。


しかし、よく考えてナンピンをしないと失敗したときの損失は拡大するばかりです。

相場の格言に「下手なナンピン、すかんぴん」というのがあります。

これは下手にナンピン買いをするとすっからかんになってしまうということです。

 

良くないナンピン買いとはどんなものでしょうか?

それはそもそも 自分が なぜ その株を買ったのかを考えてください。

よく、買った理由がすでに外れてしまっているのに

損失を確定したくないために後付けで次の理由を考えがちです。


そんな株の平均単価を 下げる 行為は 自殺行為です。

仮にうまくいくことがあっても

それを繰り返していては いつか 痛い目にあいます。

 

では、どんな時にナンピン買いをしましょう。


ひとつは、もともと ナンピンを 計画しておくのも良いでしょう。

株は底値で買うことはほとんどできません。

なので、ある程度 自分が 買ってもいいと思える 割安になった水準から

金額、タイミングを 分散させながら 買い下がっていきます。


全て 買い切る前に 反転してしまうことも多いですが

勝率は上がると思います。


今日もお読みいただきありがとうございました。